fax営業を行う上での注意点などを解説します

fax営業は昔からある手法ですが、今はだんだんと減ってきています。それは当然ネット社会の影響であり、いまだにfax営業を行っていると確かに紙の無駄だと思われる場合もあります。そして、fax営業が紙の無駄であり、非効率的な手法であることは否定しようのない事実です。しかし、だからといって有効でないというわけではなく、相手によってはむしろ有効です。ビジネスにおいても特に対人営業となると効率だけがすべてとは言えない部分があります。それは効率化の観点を嫌う人もいれば、逆に非効率を嫌う人などさまざまだからです。特に年配の人になると効率よりも人情などを大切にする部分が強くネット社会に対して懐疑的な部分も大きかったりします。そうするとfax営業は有効です。

fax営業の今後の市場はどうなるの

fax営業が非効率なことは間違いないので、ネット社会に対して寛容な世代がビジネスの重役を担うようになれば当然すたれていきます。現状もそういった傾向はあり、紙の無駄だからfaxは送らないでほしいと思っている人は多いでしょう。しかし、特に大手企業の幹部はまだまだ年配のネットに疎い人である可能性が高いです。そのためメールや電子上の営業手法をあまり好まず、逆にfaxや対人を好む可能性も高いです。若い世代の人からすれば圧倒的に非効率的なのですが、事実としてその非効率が成り立っているのでそこは利用した方が良いです。もちろんネット上の営業をメインにやっていくのは当然なのですが、ネットに懐疑的なタイプの人も営業対象に入れるための戦略として紙資源を無駄にするのはありです。

本屋があるのは紙媒体がまだまだいける証拠

faxと言えば紙媒体ですが、はっきり言えば紙媒体は現代においては明らかに資源の無駄です。地球環境の問題を指摘しておいて紙を無駄に大量発行するのは矛盾していると言わざるをえません。しかし、本は紙媒体にこだわるひとは多く、新聞もいまだに紙で読みたいという人は多いです。そういう人はだいたいネット上の営業よりもfaxの方が親近感を湧いたり、安心を感じるという場合が多いでしょう。人間は習慣的な行動を取っている方が安心でき、そこから離れると不安を感じます。もともと環境を変えていくのが好きな人もいるのですが多くはそうではありません。長年慣れ親しんだ紙媒体が良いのでしょう。しかし、紙よりも電子媒体の世代や効率を重視する人にはfax営業は邪魔以外のなんでもないのでそこが注意点です。