fax営業を行うにはどうしたらいいのかをご紹介します

fax営業を行うには紙一枚か二枚に納まるくらいの分量で、相手に伝えたい内容を記載しfaxで送れば良いです。この際にはコピーライティングやレイアウトのテクニックがあります。基本的にはそれらを頭にいれておくことは良いのですが、あまりテクニック通りになりすぎないというのも重要なことです。その理由は、本当に伝えたい内容を伝えることに重点を置きたいということと、テクニックに偏り過ぎると相手も胡散臭さを感じるからです。バランスの問題と言えるでしょう。当然ですが、fax営業においては何か伝えたい内容があるからfaxを送るのです。それをうまく伝えるためにはテクニックを知る必要がありますが、絶対的なものはありません。過度にあおる業者もありますが、気にし過ぎないことです。

fax営業の効率的な方法を学ぶ

業者がノウハウをうたっている場合もありますが、基本的に最適解は一つではありません。業者というのはあたかも自分たちのコピーライティングが最適解であるかのようにうたっているだけです。本当に最適解を導き出すには人間の脳を解剖するなり電気信号で解析するなりして、どのコピーライティングのときにどういった反応をしたのかを解析する必要があります。家電修理業者などであれば明確な修理方法が存在しますが、コピーライティングというのは人間の心理を対象にしているのである意味胡散臭いものです。そのノウハウというのはあくまでネット上のものやら他の広告を見て言っているに過ぎない場合がほとんどでしょう。そのため、fax営業するにはネットで無料リサーチし、ノウハウは知っておくというスタンスです。

fax営業のレイアウトとコピーライティング

fax営業におけるレイアウトやコピーライティングに最適解はないという話を上述しましたが、かといってなんでも良いというものでもありません。ネットで無料でのノウハウをある程度見ておき、参考にしていくことは必要です。faxされてきたものを見る方もある程度のノウハウを知っていたり、広告を見たりした経験がある場合がほとんどのため、そこからあまりにも逸脱していると混乱するのです。しかし、あまりに他のものと同じでもノウハウに頼った胡散臭いものということになります。これに関してはfax営業に限らずコミュニケーション全般において同じことが言えます。なぜかネットは胡散臭いという人はいるのですが、基本的に媒体がそれぞれ違うだけで人間のコミュニケーションであることには変わりません。