fax営業とは何かその特徴やメリットを解説します

fax営業とはファックスを送って営業活動をすることです。そのままですが、これをやる際には相手を選んでいく必要があります。まず基本的に最近はネット社会なので、ファックスを送られるのは邪魔です。重要な案件で気密性が高いのであれば、紙媒体にするのは良いのですが、どうでもいいfax営業の紙を送られるのは紙の無駄ですし、物理的にスペースを取るのでかなりの迷惑と言うことは念頭に置いた方が良いです。それを覚悟のうえでfax営業は行っていくことになるので、ファックスが有効な相手と言うのは見定めて送っていく必要があります。それをしなければ迷惑行為を働いたということでかえって逆効果になってしまいます。むやみやたらに送ることはやめましょう。認知度をあげさえすればよいということではないです。

fax営業が有効な相手とはだれか

年配の人であれば、ネット社会が苦手な場合もあり、今はまだファックスが有効な手段ということになります。今後の展望でいくと、ネットが苦手な世代の人というのは存在しなくなっていくので、fax営業自体がなくなっていくことは間違いないです。紙媒体の本や新聞も減っていくでしょう。時代の流れとしてネットの利便性を掲げられているというのもあるのですが、物理的なコストを割かなくて良いものにさく理由がないということです。紙という資源も無駄ですし、紙媒体のメリットはあまりないでしょう。雰囲気的な問題や単に慣れているという理由がほとんどです。出版業界も幹部の人は年配である場合が多いので、それはある程度は仕方がないのかもしれません。しかしネットを避けるのは今後の時代ではありえないです。

fax営業がなくなる前にやっておく

選択肢の一つとしてfax営業は成り立つということを書きましたが、あくまで選択肢の一つです。今後なくなっていくものなので、そこに依存するというのはありえないです。ネット上でのSNSやホームページを整えてそこで宣伝した方が圧倒的にレバレッジは効いていますし、コストも低いです。ここを整えたうえでのfax営業であれば足りない部分のカバーや、営業の視点を広げることで相乗効果を狙うという理屈も成り立ちます。まずどれかにしぼって営業するというのは効率が悪く、媒体をしぼる意味はないです。人の多いところに広告を置いて行って集客していくのがビジネスの基本形なので、そこでの費用対効果がカギです。そしてその費用対効果においてネットに勝る媒体は今のところありませんし、桁違いです。

365日24時間、専門のスタッフがご質問にお答えします。 電話営業や郵送DMと比べても、faxdmは圧倒的な低価格が魅力! 今までfaxdmでは思うような効果が得られなかった方も、ネクスウェイにお問い合わせください。 他の広告媒体と比べても原稿制作に手間がかからないので、ライバル企業に遅れを取ることもありません! faxdmは費用対効果の優れた広告ツール。 fax営業のお問合せはお気軽にどうぞ